サービスで比較 海外バイナリー業者を、サービスで比較

窓開け? 経済指標? サマータイム? バイナリーオプション初心者が知らない豆知識

Pocket

今回はバイナリーオプション初心者が知らない豆知識と用語の解説になります。

バイナリーオプションは為替相場取引の一つですが、為替相場の歴史は第二次世界大戦後“1949年4月25日(円が実施)”とかなり長い歴史があります。

長い歴史があるので、為替相場で必要な知識や用語が沢山あります。

これからバイナリーオプション及び、為替相場取引を行うにあたって覚えた方がいい事や豆知識を解説していきます。

「窓」とは?

為替相場には「窓」という用語があります。

画像をご覧頂くと、チャートが途中で途切れているのが分かるかと思います。
この状態を「窓」と呼び、週明け(月曜の朝)に発生するチャートの現象になります。

窓が発生する原因は、週末金曜深夜(日付が変わって土曜)にマーケットが閉じて取引が出来なくなり、その後週明け月曜の朝にマーケットが開くのですが、マーケットが開くまでの間にマーケットが閉じた時と開けた時に値動きが発生しているからです。

土日は取引が出来ないのに、なぜ値動きが起きているのかというと、休日が日曜ではない国や休日でも大口の注文を受け付けている業者があるからです。

窓は主にFXで使われる用語になります。というのも、バイナリーオプションは短期トレードなので、窓を気にして取引する必要がないからです。

・金曜深夜、取引終了時点「窓閉め」と呼ぶ
・月曜朝、取引開始時点「窓開け」と呼ぶ

 

 

為替相場のお休みは?

バイナリーオプション初心者の中には、為替相場にもお休みがあるのを知りません。

為替相場は基本的に「土曜日」「日曜日」がお休みになります。

為替相場が動いていないので、業者(ハイローオーストラリアといった取引サイト)も取引が出来ない仕様になっています。
取引サイトによってはクリスマスや大晦日といった祝日もお休みになります。

なぜ祝日が休みならないのかというと、「国によって祝日が違う」という理由からです。

例えば建国記念日が国によって違うのですが、アメリカが建国記念日でお休みでも、日本では祝日ではないので円相場は動いています。なので、祝日は基本的に相場が動いているという事です。

加えて、厳密にいえば土日でも相場は動いています。
相場が変動するのはトレーダー(FXトレーダー)の「利食い(利確)」「損切り」が理由の1つです。
土日は取引出来ないのですが、保持しているポジションを確定する事ができます。その為、チャートは止まっているものの、実際には相場が動いています。(先ほど説明した「窓」に繋がる)

ただ、バイナリーオプションはFXと違い長期的にポジションを持つ事がないので、基本的には土日は相場が休みで取引が出来ないと覚えておきましょう。

 

「経済指標」とは?

経済指標とは、各国が平日毎日発信している、「各国の経済状況が分かる要因を数値化したもの」を公的機関が発表したものを指します。

前月(前年)と比べて発表される経済指標の数値が良くなっているのか、悪くなっているのかでチャートに及ぼす影響が変わってきます。

また、発表される経済指標によっては、チャートへの影響が変わってきます。
例えば、アメリカ雇用統計の場合、世界中が注目しているので注目度が高いです。したがって為替相場は大きく変動します。
逆に、日本の設備稼働率といった注目度の低い指標は為替相場にあまり影響は与えません。

バイナリーオプションは短時間でのトレードになるので、瞬間的にチャートに影響を与える経済指標はチェックしておきましょう。

 

サマータイム(夏時間・冬時間)とは?

為替相場に大きく関わってくるのが、サマータイム(夏時間・冬時間)です。

アメリカやユーロ圏といった主要先進国は、春から秋にかけての特定期間中”標準より1時間早める制度”を導入しています。

・アメリカ/カナダ/メキシコ
≪開始日≫3月の第2日曜日午前2時
≪終了日≫11月第1日曜日午前2時・ヨーロッパ各国
≪開始日≫3月最終日曜日午前1時
≪終了日≫10月最終日曜日午前1時・オーストラリア
≪開始日≫10月最終日曜日午前2時
≪終了日≫翌年3月最終日曜日午前3時・ニュージーランド
≪開始日≫9月最終日曜日午前2時
≪終了日≫翌年4月第1日曜日午前3時

 

サマータイムは、国によって導入している所としていない所があります。日本は導入していません。
加えて、アメリカでは州によっては導入していない所もあるので、その点注意が必要です。
為替相場への影響としてサマータイムになると、“経済指標”の発表が1時間早まります。

指標スキャルピングを行っているトレーダーはサマータイムを覚える事が必須です。

 

MT4(MT5)とは?

MT4(MT5)とは、正確にはMetaTrader4と言って、ロシアのメタクオーツという会社が開発し提供を行っている取引プラットフォームになります。
もっと簡単に言うと、金融商品(ドルや金や石油)の取引を行うツールになります。

MT4は発行されている会社によっては、“無料”で提供されています。

MT4にインジケーターというチャートの過去推移や買われ過ぎ売られ過ぎといったグラフを表示する事で、予想を立てる事が出来ます。

利用していないトレーダーはいないといっても過言ではないほど普及しています。
FXの方でよく利用されているMT4ですが、バイナリーオプションでも利用する事は全然可能なので、初心者のうちから触って使い方を覚えるのを推奨します。

 

テクニカル分析とは?

テクニカル分析とは、MT4といったツールに”補助線やインジケーターという過去の値動きを表示させて未来を予測して取引を行う手法”の事になります。

なぜ過去のチャートを表示する事で未来が予測できるのかというと、為替チャートは歴史が繰り返されると考えられているからです。実際に過去のチャートと、現在のチャートが酷似する場面があります。
テクニカル分析を覚える事で、取引の根拠が増えます。バイナリーオプションでも利用可能な手法が多くあるので是非覚えましょう。

 

ファンダメンタルズ分析とは?

ファンダメンタルズ分析とは、各国の財務状況や業績、企業の売り上げや雇用者数の統計をもとに、為替相場の値動きを予測する事を指します。

FXや株では中長期の取引の為に使用される分析方法なのですが、バイナリーオプションでも利用可能です。

バイナリーオプションは短期トレードになるのですが、短時間で相場に影響を与える“指標スキャルピング”は一定の有効性があります。

裁量トレードで全勝! アメリカ雇用統計(11月) ハイローオーストラリアで指標スキャルピング!

 

Lポジ(ロング) Sポジ(ショート)とは?

バイナリーオプションではあまり馴染みはないのですが、Lポジ・Sポジというのを見たり聞いたりする事があるかと思います。

Lポジ(ロング)と Sポジ(ショート)は主にFXで使われている用語になります。

5ch(2ch)の市況版2を閲覧している人なら馴染みがあると思います。

簡単にLとSについて説明します。

L=ロングを指していて、S=ショートを指しています。

また、L(ロング)はチャート上昇の事を指していて、S(ショート)はチャート下降の事を指しています。

 

つまり、Lポジは上昇にポジションを保持している(保持しようとしている)事で、Sポジは下降にポジションを保持している(保持しようとしている)という事です。

バイナリーオプションでは、業者に合わせて「high/Low」や「上昇/下降」で表現される事が多いです。
バイナリーオプションから後々はFXで稼いでいきたいという人には必要な知識となります。

 

バイナリーオプション初心者が知らない豆知識 まとめ

今回はバイナリーオプション初心者がなかなか知る機会のない「為替相場の豆知識」という内容でした。
本記事を箇条書きにすると以下の通りです。

・金曜日の夜中~月曜日の朝方までの間(週末取引が出来ない間)に利食い損切りが行われ、週末と週明けの間に値動きの乖離が大きかった場合、「窓」が発生する。

・各国が平日毎日、自国の経済状況や企業業績を数値化したものを発表する事を「経済指標」と呼び、発表のタイミングでは為替相場が大きく動く事がある。

・アメリカや欧州主要国は「サマータイム(夏時間・冬時間)」を導入して、夏時間と冬時間では1時間ズレが生じる。

・MT4(MT5)は、無料ツールで(有料のMT4もある)チャート上に過去の値動きや相場の買われ過ぎ・売られ過ぎ(インジケーター)を表示するソフトウェア。

・テクニカル分析はMT4で過去の値動きや相場の買われ過ぎ売られ過ぎを表示して、未来を予想していく取引手法。

・ファンダメンタルズ分析は、各国の財務状況や業績、企業の売り上げや雇用者数の統計をもとに、為替相場の値動きを予測して取引していく取引手法。

・Lポジ/Sポジは主にFXで使用される上昇エントリー下降エントリーの事。

為替相場は歴史が長く、為替相場を始めたばかりの初心者では分からない用語が多いと思います。
用語が分からないまま取引して取り返しの付かない事にならないように、徐々にでいいので覚えていきましょう。

カテゴリー : 未分類 投稿日 : 2021年1月7日

当サイト口座開設数のランキング !!

当サイトから、口座開設が多いバイナリーオプションサービスのランキングです。

1位:ハイローオーストラリア

ハイローオーストラリア
現在の獲得収益 341,000円
ペイアウト倍率 2.07倍

言わずと知れた業界最大手。充実した日本語サポートで初心者でも安心して取引ができる。デモ取引もあり、バイナリー取引に慣れるのには最適と言えるでしょう。わずか5,000円の入金で取引を開始出来ます。

無料口座開設はこちら 詳細はこちら

2位:THEオプション

THEオプション
現在の獲得収益 252,000円
ペイアウト倍率 1.8倍~2.0倍

金融ライセンスを持っているという安心感だけでなく、テクニカルチャート標準搭載のデスクトップアプリ、最短30秒の短期取引でも1.82倍と高いペイアウト倍率が設定されていることなど、機能面においても品質の高いバイナリーオプションです。

無料口座開設はこちら 詳細はこちら

3位:ゼン・トレーダー(zentrader)

fivestars markets
現在の獲得収益 140,000円
ペイアウト倍率 1.6~1.95倍

安心安全なプラットフォーム。シンプルで使いやすく初心者から上級者まで全てのトレーダーに対応。30秒取引のペイアウト倍率が最大1.95倍

無料口座開設はこちら 詳細はこちら

4位:FXBINARY

FXBINARY
現在の獲得収益 124,000円
ペイアウト倍率 1.71倍

携帯からの取引で、どこでも投資が可能。口座開設もわずか1分で完了します。最短30秒の取引が可能。1取引もわずか500円から。20,000円の入金で取引を開始出来ます。

無料口座開設はこちら 詳細はこちら
Pocket