サービスで比較 海外バイナリー業者を、サービスで比較

【CCIとRSI】バイナリーオプション攻略法を実際にやってみると?トレード方法と注意点、勝つためのポイントを徹底解説!

Pocket

皆さんはバイナリーオプションでどのようなインジケーターを使っているでしょうか?

RSIやMACDなどメジャーなものから、あまりし慣れていないマイナーなものまで数多くのインジケーターが存在しています。

今回はその中でもあまり使われていないものの、非常に使いやすい隠れ優良インジケーターの「CCI」というオシレーター系インジケーターを紹介していきます。

ちなみにオシレーター系とは相場の過熱感を判断できる指標といわれています。

オシレーター系インジケーターとして有名なのはRSI、RCI、MACDがよく使われています。

・ 他のトレーダーに差をつけてもっと先に進みたい

・ 順張り逆張りのどちらにも使える指標を知りたい

・ 新しいインジケーターを使ってバイナリーオプションの勝率を上げたい

上記のような方はぜひ最後までご覧ください。

 

本記事で確認できること

・ CCIについて

・ メリットデメリット

・ バイナリーオプションでのCCI攻略法

・ 注意点とコツ

 

 

CCIとは

まずCCIについて説明していきます。

CCIは「Commodity Channel Index(日本語で商品チャンネル指数)」の略で、相場の過熱感を判断する際に活躍します。

つまり「現在の相場は買われすぎなのか、売られすぎなのか」を視覚的に判断できるのです。

CCIは1980年にアメリカで生まれてから現在も使われている指標で、RSIが提唱された2年後に登場しました。

 

別の指標との違いは?

他のオシレーター系インジケーターとCCIの違いは、数値に現れます。

他のオシレーター系インジケーターとの違い

・ RSI:0%~100%の間で推移

・ CCI:上限と下限がない−100%以下や100%以上になることも

 

ただしRSIと同様に、

ある一定以下の数値になれば「買われすぎ」
ある一定以上の数値になれば「売られすぎ」

と判断するため使い方に大きく差は出ません。

 

CCIの計算式

CCIの計算式は以下の通りとなっています。

計算式

CCI = ( TP – MA ) ÷ 0.015 × MD

TP = ( 高値 + 安値 + 終値 ) ÷ 3
MA = n日間のTPの移動平均
MD = TP – MAの平均偏差

 

式自体は覚えなくても問題はありません。

しかし「どのような数値を使って出しているのか」を理解しておくことで、インジケーターへの理解度も深まります。

簡単に言えば「移動平均線と現在の価格にどれぐらい差があるか」を表しています。

つまり、CCIの数値は以下のように設定されるのです。

CCIの数値の変化

・ 移動平均線よりも価格(ローソク)方が「上」にある:プラス

・ 移動平均線と価格(ローソク)が「同じ水準」:0

・ 移動平均線よりも価格(ローソク)の方が「下」にある:マイナス

 

簡単に言えば、CCIを見ただけで「移動平均線とローソクがどれくらい乖離しているか」を判断できるということです。

 

CCIをバイナリーオプションで使う際の基本的な見方

ではバイナリーオプションでのCCIを使う際の、基本的な見方を紹介していきます。

バイナリーオプションでのCCIの見方

・ CCIが100%以上は「買われすぎ」と判断

・ CCIが-100%以下は「売られすぎ」と判断

 

つまり、

100%以上でこれから下がると想定し、「Low」エントリー
-100%以下でこれから上がると想定し、「High」エントリー

のように対応していきます。

数値を見るだけなので非常にシンプルであり、初心者でも使いやすいというメリットがあります。

 

MT4へのCCI設定方法

ではそんなCCIをMT4やMT5などの分析ツールへ設定する方法を紹介していきます。

設定方法は非常に簡単で、以下のように入力するだけで完了します。

導入方法

1. 上部のメニューバーから「インジケータ」を選択

2. 「オシレーター」を選択

3. 「CCI」をクリック

 

CCIのおすすめ設定方法

表示されたCCI上で、右クリックすることで基本設定を変えることができます。

期間 判断する期間を変えられる
適用価格 ローソクのどのタイミング(始値、終値など)から判断するかを選択できる
スタイル 線の色と太さを変えられる

 

CCIを計算する期間を入力することができますが、最初は初期値の「14」で問題ありません。

適用価格は「クローズ」つまり終値で設定しておきましょう。

ちなみに、CCIの数値を変更すると指標の動きも同様に変化していきます。

CCIの数値を変更すると

・ CCIの期間を短くする
CCIがより大きく動きやすくなる
ダマシが現れやすいが、売買チャンスは増える

・ CCIの期間を長くする
CCIの値動きが緩やかになる
売買チャンスが減るが、ダマシは減る

 

個人の性格によって、

エントリーポイントを増やしつつ、ダマシを回避しながら利益を取っていく「積極派」なのか
エントリーポイントは少ないながらも、確実にコツコツ利益を積み上げる「慎重派」なのか

など変更してみるのも良いでしょう。

ただし、最初は最もバランスが良い「14日」で始めることをおすすめします。

 

CCIのメリット

CCIのメリットは「反応が早い」「わかりやすい」「順張りと逆張りの両方に使える」という3点が挙げられます。

メリット①:反応が早い

CCIはほぼリアルタイムで計算されて変化をしていきます。

ですので、CCIは相場の値動きに反応するスピードがとても早い指標に分類されます。

反応が早いということは、相場の異常な値動きを察知しやすくなるということにつながります。

CCIが活躍するタイミング

・ 相場が急落、急騰したタイミングでエントリーをしたい

・ 数秒で取引が終わる「スキャルピング」、10分から1日の間で取引が終わる「デイトレード」などの手法を使いたい

 

また反応が遅い指標と組み合わせることもでき、汎用性の高さも特徴です。

 

メリット②:分かりやすい

前述したようにCCIは数値で判断できます。

つまり「100%以上であるか、-100%以下であるか」を見るだけでエントリーポイントが分かってしまうというとんでもない強みがあります。

 

メリット③:順張りと逆張りの両方で使える

エントリーの方法は「順張り」と「逆張り」の、大きく2つに分けられます。

順張りと逆張りとは

・ 順張り:相場の方向性(トレンド)に沿ってHighエントリー(もしくはLowエントリー)

・ 逆張り:相場の方向性(トレンド)に逆らってHighエントリー(もしくはLowエントリー)

 

CCIは相場の過熱感を表すため、

「もうこれぐらい上昇すれば、後は下がるだろう」
「もうこれぐらい下落すれば、後は上がるだろう」

という逆張りのエントリーをすることもできるのです。

それだけではなく「現在の相場はどちらの方向に動いているのか」とトレンドの発生を見極めて、その方向へ順張りをするという使い方もできます。

使うタイミングが限定されていないからこそ、様々なトレード戦略に活用できるのです。

 

CCIのデメリット

反対にデメリットとしては、「ダマシがある」「CCI単体では使いづらい」ということが挙げられるでしょう。

ではそれぞれ解説していきます。

デメリット①:ダマシがある

「反応が早い」というメリットは裏を返せば、ダマシが多くなるデメリットがあります。

反応が早く、値動きがダイレクトに伝わってしまうため、相場のブレ(上昇していたのに、一時的に下落する)などもそのまま反映してしまう可能性があります。

また下限や上限がないため、-200%などの非常に大きな数値まで到達してしまうこともあります。

「CCIは150%なのに、いつまでたっても価格が下がらない」とケースも考えられますので、ダマシが発生していないか確認する必要があります。

 

デメリット②:CCI単体では使いづらい

もう1つは、CCI単体では使いづらいということです。

CCIだけではなく全てのインジケーターでもそうですが、インジケーター1つだけを信用しすぎると勝率が上がらない場合が多々あります。

インジケーターごとにメリットとデメリットが存在しています。

複数のインジケーターを組み合わせながら使うことで、インジケーター同士のデメリットを打ち消し合い、ダマシの発生なども防ぐことができますよ。

 

バイナリーオプションのCCI攻略法

では実際にバイナリーオプションで使えるCCI攻略法を紹介していきます。

「CCI単体では扱いづらい」というデメリットをカバーするため、インジケーターを複数組み合わせながら使うような手法を選んでいます。

攻略法:CCIとRSIを組み合わせる

最もスタンダードな使い方は、RSIと組み合わせる方法です。

なお、RSIはトレンド相場より「レンジ相場での逆張りに使いやすい」という特徴を有しています。

トレンド相場とレンジ相場とは

・ トレンド相場:相場の方向性が読み取れる相場。上昇トレンドや下降トレンドがある。

・ レンジ相場:ある一定範囲で価格が推移している相場、方向性は読み取れない。

 

エントリーまでの流れとしては、以下の通りです。

STEP1:価格がある一定範囲内で動いている「レンジ相場」を見つける
STEP2:RSIが低水準(30%以下)であることを確認
STEP3:CCIが-100%以下であることを確認
STEP4:「High」でエントリーする

反対に、Lowエントリーの方法は、

STEP1:価格がある一定範囲内で動いている「レンジ相場」を見つける
STEP2:RSIが高水準(70%以上)であることを確認
STEP3:CCIが100%以上であることを確認
STEP4:「Low」でエントリーする

であり、RSIとCCIの売買サインが揃ったタイミングでエントリーしていきます。

 

実際にバイナリーオプションのCCI攻略法を使ってみた

 

では実際に使ってみましょう。

STEP1:価格がある一定範囲内で動いている「レンジ相場」を見つける

STEP2:RSIが高水準(70%以上)であることを確認

STEP3:CCIが100%以上であることを確認

STEP4:「Low」でエントリーする

 

Lowエントリーをした後、無事下がっています。

バイナリーオプションでCCIを使う際の注意点・コツ

CCIを使う際の注意点として、「レンジ相場であるか」「RSIとCCIの両方を確認したか」を確認しなければなりません。

 

注意点①:レンジ相場かどうかを確認

トレンド相場で価格がずっと上昇や下落を続けていると攻略法は上手く機能しません。

RSIとCCIは売買サインを出しているのに、価格がいつまでも反映しない「ダマシ」が発生しています。

解消するためには、こちらの記事のようにトレンドを判断していくことが大切です。

バイナリーオプションのおすすめトレード方法は?トレンドラインで勝率アップを狙え!初心者向け?実践方法・注意点・応用例

 

インジケーターなども使いながら、トレンドの発生有無を判断していきましょう。

 

+α:CCIと別のインジケーターを組み合わせた指標を使う

外部からMT4へダウンロードする必要がありますが、CCIと移動平均線が同時に表示できるインジケーターを使ってみるのも手です。

 

MQL5より引用(CCI Moving Average

 

注意点②:RSIとCCIの両方にサインが出ているか確認

また、RSIとCCIの両方に売買サインが表れていることを確認しなければなりません。

以下の画像では、RSIは売買サインが出ておらず価格があまり動いていません。

ダマシを避けるためにも、RSIとCCIの両方を確認しておきましょう。

 

よくある質問

では最後にCCIのよくある質問を紹介していきます。

質問①:CCIで稼げる?

不可能ではありません。

しかし単体では、相場の状況によって負けが続いて難しい可能性もあります。

攻略法のように、トレンドの判断とインジケーターを複数組み合わせるようにしましょう。

 

質問②:MT4の設定数値はどれぐらいがいい?

初期値の14がおすすめです。

慣れてくれば、売買チャンスを増やすために「9」などに数値を下げる戦略もあります。

また「RSIは大きめに設定しているから、CCIは小さめに設定しよう」とインジケーター別で分けてみるのも良いでしょう。

 

質問③:CCIを使っている他のトレーダーの感想を知りたい

SNSの口コミを紹介していきます。

どうしても、好きなインジにいっちゃう私(^^ゞ
ボリバン、CCI、MAは、入れたくなる。場合により、イチモクの雲!
私、YouTubeからがキッカケで、オシレーター系に馴染んでしまったけど、トレンドは、定番系が好きかな
日数等は、調整してるけど。
@maeta859 2021,9,14 19:14

やはり、CCI単体ではなく別のインジケーターと組み合わせて使ってるようです。

最近、バイナリーは15分取引でやっていこうかと思ってる。
30秒とか1分は忙しないから笑
チャート分析は5分足で、CCIとW%Rのラインを抜けた辺りで順張りエントリーとか目安にすると、勝ちやすいんじゃないかな?
これからバックテストしてみるけど笑
@Oofeis99 2020,12,15 1:38

CCIを使ったバックテストなどを行おうと考えている方も見受けられました。

分かりやすいため、検証にも組み込みやすいのがメリットといえるでしょう。

 

まとめ

今回はCCIのバイナリーオプション攻略法について紹介していきました。

CCIはRSIなどのメジャー指標の裏に隠れた、実力のあるインジケーターです。

相場の売られすぎや買われすぎを確認する指標として、バイナリーオプションのエントリーの参考にしてみてはいかがでしょうか。

カテゴリー : 攻略法 投稿日 : 2022年11月3日

当サイト口座開設数のランキング !!

当サイトから、口座開設が多いバイナリーオプションサービスのランキングです。

1位:ハイローオーストラリア

ハイローオーストラリア
現在の獲得収益 341,000円
ペイアウト倍率 2.07倍

言わずと知れた業界最大手。充実した日本語サポートで初心者でも安心して取引ができる。デモ取引もあり、バイナリー取引に慣れるのには最適と言えるでしょう。わずか5,000円の入金で取引を開始出来ます。

無料口座開設はこちら 詳細はこちら

2位:ゼン・トレーダー(zentrader)

ゼン・トレーダー
現在の獲得収益 280,000円
ペイアウト倍率 1.6~1.95倍

安心安全なプラットフォーム。シンプルで使いやすく初心者から上級者まで全てのトレーダーに対応。30秒取引のペイアウト倍率が最大1.95倍

無料口座開設はこちら 詳細はこちら

3位:THEオプション

THEオプション
現在の獲得収益 276,000円
ペイアウト倍率 1.8倍~2.0倍

金融ライセンスを持っているという安心感だけでなく、テクニカルチャート標準搭載のデスクトップアプリ、最短30秒の短期取引でも1.82倍と高いペイアウト倍率が設定されていることなど、機能面においても品質の高いバイナリーオプションです。

無料口座開設はこちら 詳細はこちら

4位:J.E.T OPTION

FXBINARY
現在の獲得収益 252,000円
ペイアウト倍率 1.78倍〜2.01倍

新規口座開設で3つのオプションが驚きの利益額に!簡単無料登録ですぐに高倍率の取引をはじめることができます。

無料口座開設はこちら
Pocket