サービスで比較 海外バイナリー業者を、サービスで比較

バイナリーオプション海外バイナリーのメリット!国内業者との違いを徹底解説!

Pocket

海外バイナリー業者と国内バイナリー業者、どちらを使っていいのか迷う事はありませんか?

今回の記事では海外業者と国内業者を比べて、海外バイナリーが選ばれているメリットをご紹介していきます。

また、デメリットや国内業者の優位性がある点を、どのようにカバーしていくかも解説しているので、「海外バイナリー業者で取引してみたいけれど、メリットを知りたい」という方には必見の内容となっています!

 

この記事で解決できること

・ 海外業者と国内業者、どちらの方がいいの?

・ 海外業者のメリットはなに?

・ 安全性の高い海外業者はどれ?

 

 

バイナリーオプションの規制

バイナリーオプションは2009年頃から、上がるか下がるかを予測するシンプルな投資手法として、徐々に人気が出てきていました。

しかし2012年頃から、そのシンプルな特徴が「ギャンブル性が高い」と判断されるようになっていきます。

そしてバイナリーオプションワーキンググループと言う組織が自主規制を行い始め、2013年には完全に規制されてしまいました。

ですので、現在は海外業者はそのままで、国内業者は規制ありで取引するようになりました。

日本国内に拠点を置いたバイナリー業者への規制が厳しくなり、シンプルかつ短期間で取引を繰り返して稼ぐバイナリーの魅力が、発揮しづらくなっていきました。

 

 

海外バイナリーと国内バイナリーの違い

海外業者と国内業者の違いは、大きく分けると「拠点」と「規制の有無」で分けられています。

運営元が「海外か?それとも国内か?」の違いで、それぞれの業者が取り扱う銘柄はほぼ同じとなっています。

例えば、ドル円を国内業者で取引するのと、海外業者で取引するのでは、通貨の価値としては同じとなっています。

 

ライセンスの有無

他にも「ライセンスの有無」があります。

・ 国内業者:金融庁の認可を受けて、ライセンスを取得

・ 海外業者:金融庁の認可を受けておらず、ライセンスを持っていない
運営している国のライセンスは取得済み

 

「ライセンスがないなら違法なんじゃないか?」と不安に思われる方もいらっしゃるかと思いますが、むやみに不安になる必要はありません。

海外業者では運営国のライセンスを取得し、しっかりと法律に則って運営していることが保証されています。

 

海外バイナリーに比べ、国内規制は厳しい

こちらが国内業者に制限がかけられた内容です。

極めて短期間に満期となるオプションを投機的な取引に用いるならば、いわゆる賭博との境目が無くなり、金融商品取引全体の発展に好ましからざる影響を与える可能性があるとの意見も見られるところとなっています。

バイナリーオプション取引は、投資損失が一定額に留まることから、他の形態のオプション取引に比べても、なお一層、投資者を安易な投資に導く可能性があり、そうした金融先物取引を、顧客における過度の投機的取引を未然に防ぎ、健全な金融商品取引が行われる環境の整備に努める

個人向け店頭バイナリーオプション取引業務取扱規則に係るガイドライン

 

要約すると、「損失額が一定だと沢山取引してしまう人が増えそうで危険」ということです。

このガイドラインによって「ギャンブル性の高い取引は規制して、稼げる額を制限しますよ」という仕組みが整えられました。

 

バイナリーオプションの恩恵を受けづらくなった

そもそもバイナリーオプション取引は「上がるか下がるか判断するだけ」の単純な取引であり、勝てば2倍に資金が増える、という短期間で資金が増えるというスピード感が魅力です。

非常に効率よく資金を増やすことができるとされ、人気でしたが、国内バイナリー業者は自主規制により制限されてしまい、その恩恵が受けづらくなってしまいました。

 

国内バイナリーの規制内容

国内業者の規制は以下の通りです。

規制

・ バイナリーに関する知識確認テストの合格が必須

・ 判定時間は2時間以上から(1日の最大取引回数は12回)

・ ペイアウトは1,000円で固定(ペイアウト倍率が変動)

・ 判定価格レートが複数存在

 

国内業者では、取引時間が最低でも2時間以上で、1日の最大取引回数が12回という規制が設けられ、トレーダーにとっては非常に不利な制限がなされてしまいました。

「24時間起きている人でも最大12回しか取引できない」と言う事ですので、稼ぎやすいチャンスが来ても、エントリーができません。

エントリーできずに、見ているだけでチャンスを逃すような状況が増えてしまいます。

また予想が当たって勝利した場合にも、払い戻し金額が少なくなっているため、稼ぎにくくユーザーが離れていってしまっているのが現状です。

バイナリーオプションの魅力である、

・予想が当たれば約2倍、ハズレなら0円という、シンプルな2択
エントリーしたら、数分〜数時間後には結果が出る

という2点を制限してしまったため、ユーザーにとって不都合が多いのは明らかでしょう。

海外バイナリーのメリット

海外業者のメリットはバイナリーオプションのメリットを最大限に生かすことができる点でしょう。

 

海外業者のメリット

・ 規制がなく、稼ぎやすい

・ 口座開設が簡単で、すぐに始められる

・ キャンペーンボーナスが豊富

・ 平日はほぼ24時間取引可能

・ ペイアウト率が一定かつ高い

・ 時間軸が選べる

・ デモ口座がある

・ 最低取引金額が500円から

 

以下、主なメリットを4つ挙げていきます。

 

稼ぎやすい

規制がないため比較的稼ぎやすく、ペイアウト率も高いため、業者選びを間違えなければ、安心してバイナリーオプション取引を行えます。

取引時間に制限がなく、時間軸が自分で選べます。

短時間の30秒を始め、1分・3分・5分・10分・15分・30分・45分・60分・1時間・4時間などが選択可能ですよ!

自分の戦略に応じて様々な取引ができ、投資家にとっては有利な仕組みとなっており、ペイアウト率が一定かつ高く、計算がシンプルなのも魅力の一つです。

ちなみにハイローオーストラリアのペイアウト率は最大で2.3倍と業界高水準と言えるでしょう!

 

取引しやすい

また数分で取引が始められるような仕組みが整えられています。

メールアドレスや電話番号があればすぐに口座開設ができ、入金方法も電子サービスを採用しているため、数分で着金が完了し、最短10分以内で取引がスタートできます。

画像のように、ハイローオーストラリアでは3STEPで完了するなど、最短数分で口座開設ができますよ!

 

ボーナスがある

ボーナスキャンペーンなどが豊富で、口座を開設しただけでもらえる「口座開設ボーナス」や、入金した際に一定の割合でもらえる「入金ボーナス」も用意されています。

一定金額を取引すればキャッシュバックが行われ、期間限定のキャンペーンで豪華賞品がもらえるチャンスもあり、初心者こそ海外バイナリーを有効活用した方が効率的に稼げる可能性が高いでしょう!

「口座開設していて、久しぶりにログインしたらシークレットボーナスが入っていた」なんてことも海外バイナリーでもよくある話です。

口座を持っているだけでボーナスを受け取れる、というのは海外バイナリー業者だからこその醍醐味です!

 

初心者にもハードルが低い

判定時刻から「上がるか?それとも下がるか?」を判断するだけのシンプルな2択なので、初心者でも取引しやすいです。

最低取引金額も500円や1.000円程度からでき、損失も限定されているのも安心できます。

取引銘柄数が多く為替だけではなく、石油や金銀、株式等での取引が行えるため、知っている銘柄から取引でき、幅広くチャンスを掴むことができますよ!

 

なぜ国内バイナリーがダメなの?

「国内業者がおすすめできない」と言われる理由は、バイナリーオプションのメリットが生かせなくなったことでしょう。

そもそもバイナリーオプションは短時間で効率的に稼ぎやすい取引手法で、上がるか下がるかの2択と言うシンプルな判断のみで行える取引方法です。

しかし、取引時間が2時間以上・取引回数が1日12時間に制限されたことで、その強みが活かせなくなりました。

以下では、国内バイナリー業者のデメリットを解説していきます。

 

ペイアウト率が変動

ペイアウト率が一定ではなく、変動するようになっているため、利益も限定されてしまい、結果的に我々ユーザーは不利になってしまいます。

勝率の高い取引ではペイアウト率が低く、勝率の低い取引ではペイアウト率が高くなります。

ペイアウト率が一定の海外バイナリー業者と異なり、利益額の計算も煩雑になってしまいました。

 

判断要素が増えた

国内バイナリー業者の利用を避けてしまう1番の要因が、上がるか下がるかだけではなく、「どこまで上がるか?どこまで下がるか?」値動きまで予測することが必要となったことでしょう。

初心者のハードルを非常に上げてしまい、難易度を高めてしまいます。

他にも経済指標発表後の短めの急騰を狙うような、ファンダメンタルズ的な取引もできなくなるため、戦略の幅が狭まってしまいます。

 

選択肢が少ない

取り扱い通貨が、主要通貨の5~7通貨のみとなっています。

他にも、国内業者への入金手段は銀行振込がメインで、入金手段の種類も海外業者に比べて少なく、やや使いにくさが目立ってしまいます。

 

稼ぎにくい仕組み

国内業者では、1日最大12回までしか取引ができなくなりました。

つまり、2時間以上の時間軸しか選択できず、従来の数分取引ができずに、結果が出るまで時間がかかってしまいます。

なかなか儲けが積み上がらず、結果が出てもペイアウト率が変動していくため、稼ぎやすさは海外バイナリー業者と比べて劣ってしまうのは明白でしょう。

 

 

なぜ国内バイナリーを推す人が一定数いるのか

国内業者を押す人が一定数いる理由ですが、「安全性が非常に高い」ことが挙げられます。

国内業者では、顧客資金を安全に管理する仕組みが整えられており、何かあった時には資金が返金されるよう保証されているため、非常に安心できます。

他にも税金の計算がしやすく、利益を出した際にも前年の損失と相殺でき、節税対策にもなりますよ!

また、海外業者の銀行振込と比べて「入出金が素早い」点が魅力として挙げられます。

銀行入金のみですが、馴染みのある銀行振込が使えるのは、初心者にとって扱いやすいのではないでしょうか。

 

海外バイナリーのデメリットをカバーする使用方法

海外業者を国内業者と同じように使うためには、安心できる業者を選ぶ必要があります。

安心できる業者の基準は、以下の通りです。

安全性が高い業者の見分け方

・ サービス提供年数が長め

・ 金融ライセンスを保有

・ 会社などの情報が開示

・ 日本人スタッフが在籍、日本語対応している

・ デモ口座などのサービスが充実

 

ハイローオーストラリアは知名度も高く、上記の条件を全て満たしています。

多くの日本人ユーザーが口座開設をしているのも頷けますね!

安全性が高い業者を選ぶ以外にも、最初は入金額を少なく設定し、ボーナスキャンペーンなどを有効活用していくのがオススメです。

その他に、手数料無料で利用できる入金方法を選択しておくのも大切です。

銀行入金は海外なので時間がかかってしまいますが、電子ウォレット等での送金を行えば、数分で着金し、手数料も無料で利用できる業者が多いですよ!

初心者の方は、デモ口座を無料で開設して、使用感を体感してみるのも1つの手でしょう。

 

海外バイナリー、国内バイナリーどっちがいい?

海外バイナリー業者と国内バイナリー業者、それぞれメリットがありますが、「稼ぎやすさ」の面では海外業者一択と言えるでしょう。

国内バイナリー業者では、上がるか下がるかの判断だけではなく「値段がどれだけ上がるか」も予測しなければいけません。

初心者にとってはハードルが高く、判断要素が増えることで、難易度も格段に上がってしまいます。

その点、海外業者では沢山の取引銘柄から選べ、高いペイアウト率を提供しているため、初心者でも比較的結果の出しやすい業者と言えるでしょう!

 

まとめ

今回は海外バイナリー業者のメリットについて解説していきました。

国内業者に比べて稼ぎやすい点や、上がるか下がるか判断するだけのシンプルさが魅力の海外バイナリー業者のメリットです!

まずは、知名度が高く、日本人スタッフが在籍している業者から選んで、ボーナスを有効活用しながら取引してみてはいかがでしょうか?

こちらの記事では、ハイローオーストラリアのボーナスについて解説しています。

ハイローオーストラリアのキャッシュバックの受取条件・使い方を解説!使えない場合もあるの?

ボーナスを確実に使えるように準備をして初めてみてはいかがでしょうか?

バイナリーオプションおすすめ業者

ハイローオーストラリア

 

 

 

ハイローオーストラリアのジャックポットを完全解説!発生条件は難しい?出金方法は?

ゼントレーダー

ゼントレーダー

 

 

 

ゼントレーダーの詳細ページはこちらから

当サイト口座開設数のランキング !!

当サイトから、口座開設が多いバイナリーオプションサービスのランキングです。

1位:ハイローオーストラリア

ハイローオーストラリア
現在の獲得収益 341,000円
ペイアウト倍率 2.07倍

言わずと知れた業界最大手。充実した日本語サポートで初心者でも安心して取引ができる。デモ取引もあり、バイナリー取引に慣れるのには最適と言えるでしょう。わずか5,000円の入金で取引を開始出来ます。

無料口座開設はこちら 詳細はこちら

2位:ゼン・トレーダー(zentrader)

ゼン・トレーダー
現在の獲得収益 140,000円
ペイアウト倍率 1.6~1.95倍

安心安全なプラットフォーム。シンプルで使いやすく初心者から上級者まで全てのトレーダーに対応。30秒取引のペイアウト倍率が最大1.95倍

無料口座開設はこちら 詳細はこちら

3位:THEオプション

THEオプション
現在の獲得収益 252,000円
ペイアウト倍率 1.8倍~2.0倍

金融ライセンスを持っているという安心感だけでなく、テクニカルチャート標準搭載のデスクトップアプリ、最短30秒の短期取引でも1.82倍と高いペイアウト倍率が設定されていることなど、機能面においても品質の高いバイナリーオプションです。

無料口座開設はこちら 詳細はこちら

4位:FXBINARY

FXBINARY
現在の獲得収益 124,000円
ペイアウト倍率 1.71倍

携帯からの取引で、どこでも投資が可能。口座開設もわずか1分で完了します。最短30秒の取引が可能。1取引もわずか500円から。20,000円の入金で取引を開始出来ます。

無料口座開設はこちら 詳細はこちら
Pocket