サービスで比較 海外バイナリー業者を、サービスで比較

バイナリーオプションは稼げない? ツールがなくても稼げる裁量トレードをアメリカ雇用統計で解説!

Pocket

Googleでバイナリーオプションと検索すると、「勝てない」というワードが引っかかります。
ですが、バイナリーオプションは手法さえ確立してしまえば、稼ぐ事は出来ます。

つまり、重要になってくるのは“裁量トレード”です。

ただ、バイナリーオプション初心者はテクニカル分析やファンダメンタルズ分析にはMT4といったツールを導入してやらないといけないからハードルが高いと思う人がいるかも知れません。

そこで今回は、ツールをインストールしなくても、簡単に出来る裁量トレードをハイローオーストラリアを使って解説していきます。

 

裁量トレードとは

そもそも裁量トレードとは、“自分の判断で取引を行う事”になります。
つまり、自分で根拠のある予想をして取引を行うという事です。

トレーダーとして、当然の事ではあるのですが、バイナリーオプションを始めたばかりの人はなかなか裁量トレードが出来ません。

その1番の理由として挙げられるのが”何からやったらいいのか分からない”という点です。

「テクニカル分析ってなに?」
「ファンダメンタルズ分析って何?」
「MT4ってなに?」
「ローソク足って何?」
「移動平均線って何?」

とにかく用語が多すぎて何から覚えればいいのか分からないという初心者が多いのではないでしょうか。

そこで今回は、バイナリーオプション初心者でも簡単に出来る裁量トレードを紹介します。

 

初心者でも簡単に使える手法

バイナリーオプションを始めたばかりの人には、自分で予想して取引をするというのがハードルが高くて出来ません。

ですが、今回紹介する手法は、“指標スキャルピング(指標スキャル)”になります。
“ツールを使わずに、初心者でも簡単に出来る内容”になっているので是非覚えて下さい。

 

指標スキャルとは

指標スキャルは、経済指標の発表結果をもとに予想を行う、ファンダメンタルズ分析の1つになります。

バイナリーオプション初心者におすすめの「裁量トレード」3選! 実際に取引をした検証結果!

特徴として、ツールを利用しなくてもスマホやPCがあれば予想を立てる事が可能という点と、経済指標の発表直後の値動きに焦点を当てているので、短期トレードのバイナリーオプションに適した手法なのが挙げられます。

 

指標スキャル 予想のやり方

まずは、大前提として経済指標の確認をする必要があります。

ネットで「経済指標 カレンダー」で検索するだけで確認ができます。勿論無料です。

(画像引用元:https://fx.minkabu.jp/indicators)

下の画像の赤枠部分をご覧いただけたらと思います。

「前回」「予想」「結果」というのが記載されているのが分かるかと思います。

前回
同指標の前回の発表結果の数値
予想
今回の発表に対する市場予想の数値
結果
今回の発表結果

指標スキャルで重要なのは、“前回発表された数値より、今回発表される数値が良いか悪いか”になります。
その、良いか悪いかを予想する為に、“市場予想”を確認していきましょう。

市場予想が過去発表よりもいいという内容だったら、発表結果がいいのかなという1つの判断材料になり、High(上昇)予想で取引が出来ます。

このように、MT4がなくてもスマホ1台、パソコン1台あれば、予想して取引をしていく事が可能です。

次は6月4日に発表されたアメリカ雇用統計を予想して、実際に取引をしていきましょう。

 

アメリカ雇用統計(5月) 予想

 

雇用統計(5月)
過去発表:26.6万人
市場予想:67.5万人
今回発表:-

市場では、前回発表を上回って良い発表になるのではないかという予想がされているのが分かるかと思います。

ここで注意しないといけないのが、市場予想がポジティブだから「じゃあ上昇でエントリーしよう」とするのではなく、“本当に市場予想通りになるのかな”と、情報精査する事です。
というのも、指標スキャルでの重要なポイント“市場予想より良いのか悪いのか”という点になります。
過去発表よりもいいのかという点も重要なのですが、市場予想よりも良いのか悪いのかというのも重要です。

市場予想が正しいのかは、“関連経済指標の発表結果”を確認する事で分かってきます。

関連発表
・ADP雇用統計→〇
・ISM製造業雇用指数→×
・ISM非製造業雇用指数→×
・新規失業保険4週平均→〇

上記が、雇用統計(5月)の関連発表の結果になります。〇はポジティブな内容、×はネガティブな内容の発表結果になりました。
ポジティブとネガティブが半々です。ですが、今回はLow(下降)で取引を行います。

最大の理由は、先月(4月)の結果があまりにも悪かった事から、チャートが上昇していくのは“織り込み済み”という点です。投資家及びトレーダーが、雇用者数の増加は当然で、そのうえで発表結果が少しでもネガティブだった場合チャートは下降していく、と予想します。
何よりもISMの下振れが大きかったので下降予想です。

こんな具合に予想を立てていきます。
次は取引ルールの紹介になります。

 

アメリカ雇用統計(5月) 取引ルール

取引ルール
取引業者:ハイローオーストラリア(High&Low.com/ハイローマーシャル)
取引通貨:USD/JPY(ドル円相場)
取引手法:指標スキャルピング
取引金額:1000円(1エントリー)
取引回数:10回
取引時間:5分
ペイアウト率:1.85倍
1エントリーあたりの利益:850円

前回はFXbinaryとファイブスターマーケッツを利用したのですが、今回はハイローオーストラリアを利用していきます。

それでは早速取引結果をご覧いただけたらと思います。

 

アメリカ雇用統計(5月) 取引結果

チャートの動きは予想通り下降して、全勝する事が出来ました。
為替チャートが変動するのには理由があります。
特に指標スキャルの場合は、経済指標の発表結果に大きく左右される手法です。
どのような原因でチャートが変動したのか、発表結果をみていきましょう。

 

アメリカ雇用統計(5月) 発表結果

アメリカ雇用統計(5月)
過去発表:26.6万人(27.8万人)
市場予想:67.5万人
今回発表:55.9万人

発表結果は、前回発表よりも数値がよかったものの、市場予想には届かずチャートが下降していきました。
過去発表値よりよくて、尚且つ同時に発表された失業率も悪くなかったのですが、雇用者数が増えるのは織り込み済みという事で、ネガティブな発表内容の方に注目が集まった可能性が非常に高いです。
つまり、予想が的中したという事です。

このように、MT4といったツールを使わなくても予想して取引を行う事が出来るのが、指標スキャルになります。

 

まとめ

今回はMT4といったツールが不要で、スマホ1台で予想から取引まで可能な「指標スキャル」について解説させて頂きました。

取引結果をご覧頂くと、実際にツールを使わずに利益を出せているのが分かるかと思います。

バイナリーオプションの初心者は、MT4をインストールして、MACDとRSIを表示して、フィボナッチ・リトレースメントや水平線を表示して、反発狙いでチャートに張り付いて、とやる事が多くて敷居が高く感じてしまいます。

ですが、指標スキャルの場合、経済指標が発表される前後のタイミングに集中すればOKです。
経済指標の発表は土日以外毎日あるので、取引チャンスも少なくありません。

ただ、注意しないといけないのは、“指標スキャルに適した海外バイナリーオプション業者を利用する”という点です。

・極端に短い取引時間しか用意されていない。
(30秒/60秒/90秒しか用意されていない)
・決められた取引時間でしか取引が出来ない。
(例:21:30~21:35のように、任意のタイミングでエントリーが出来ない業者)

上記のような取引ルールしか用意されていない海外バイナリーオプションは、指標スキャルに向いていないので、業者選びには注意しましょう。

 

指標スキャルにオススメの業者

ハイローオーストラリア

 

 

 

 

FXbinary

 

 

 

 

 

バイナリオプションおすすめランキングNO1
ハイローオーストラリア公式はこちら

カテゴリー : 未分類 投稿日 : 2021年6月16日

当サイト口座開設数のランキング !!

当サイトから、口座開設が多いバイナリーオプションサービスのランキングです。

1位:ハイローオーストラリア

ハイローオーストラリア
現在の獲得収益 341,000円
ペイアウト倍率 2.07倍

言わずと知れた業界最大手。充実した日本語サポートで初心者でも安心して取引ができる。デモ取引もあり、バイナリー取引に慣れるのには最適と言えるでしょう。わずか5,000円の入金で取引を開始出来ます。

無料口座開設はこちら 詳細はこちら

2位:ゼン・トレーダー(zentrader)

ゼン・トレーダー
現在の獲得収益 140,000円
ペイアウト倍率 1.6~1.95倍

安心安全なプラットフォーム。シンプルで使いやすく初心者から上級者まで全てのトレーダーに対応。30秒取引のペイアウト倍率が最大1.95倍

無料口座開設はこちら 詳細はこちら

3位:THEオプション

THEオプション
現在の獲得収益 252,000円
ペイアウト倍率 1.8倍~2.0倍

金融ライセンスを持っているという安心感だけでなく、テクニカルチャート標準搭載のデスクトップアプリ、最短30秒の短期取引でも1.82倍と高いペイアウト倍率が設定されていることなど、機能面においても品質の高いバイナリーオプションです。

無料口座開設はこちら 詳細はこちら

4位:FXBINARY

FXBINARY
現在の獲得収益 124,000円
ペイアウト倍率 1.71倍

携帯からの取引で、どこでも投資が可能。口座開設もわずか1分で完了します。最短30秒の取引が可能。1取引もわずか500円から。20,000円の入金で取引を開始出来ます。

無料口座開設はこちら 詳細はこちら
Pocket